放浪風のライブ、旅、酒

ライブ鑑賞、旅、お酒好きな中年の物語

2020/1/1 AM

チェックアウトまで時間があるのでひたすらホテルでダラけて過ごす。タイにいながら日本の正月の様子をtwitterで眺めるのは滑稽だけど新鮮で面白い。

11:00頃にチェックアウト。チェックイン時に預けたデポジットの500Bも返してもらう。ホテルのフロントの女性にタクシーを呼んでほしいと幼稚園児並みの英語でお願いすると、最初は断られてしまった。俺は一瞬「ハァ!?」とキレそうになったけど、隣にいた別の女性従業員がスマホで探してくれた。

10分くらい待ってるとタクシーが到着。ドンムアン空港までは30分もかからない内に到着。料金は300Bだった(初日はボラれたのか…)。

丁度お昼に空港に到着したのだけれども、帰りの飛行機は何と深夜の2時に出発。それまでに近辺を観光しても良かったのだけれども、下手にスケジュールを詰めすぎると飛行機に乗り遅れる恐れもあったので、出発までドンムアン空港でダラダラすることにした。

最初に向かったのが荷物の一時預かり所の「Left Baggage」。空港内と言えどもキャリーケースを持ちながら移動するのは無理がある。1日75Bで預かってくれるので、個人的にも便利でオススメ。

次にちょっと遅い昼食。空港内には飲食店が沢山あったけれども、安く食べられてオススメのフードコートがあるらしいので、そこに行くことにした。

MAGIC Food Park
IMG_2015


ここでは食券を買って食べるシステム。入口の人に100Bを渡すと10Bの食券の綴りを10枚分くれる。

今回頼んだのがこちら。

タイ風焼きそば?とギョーザ?のスープ。
IMG_2013

100Bでこれだけ食べられるからコスパは最強レベル。安く食べられるということもあってか、観光客だけでなく航空整備士やCAといった空港職員も多く利用していたのが印象的だった。

その後は夕食まで待合所でブログを更新したり、館内をうろついたりする。
夕食は4階にあるフードコート「MAGIC GARDEN」へ。ここは事前に受付でプリペイドカードを発行してもらい、そこにお金を振り込んでおくシステム(余った分は後から返金してもらえる)。俺は1000Bを振り込んでもらった。

コイツを店員に掲示して飲食する。
IMG_2019

フードコート内は和食やら、ラーメン店やら、ファーストフードやらタイ料理やらでかなりバリエーションが豊富だ。お値段は観光客向けとあってか若干お高めだけど。気を付けたいのは館内の冷房がガンガン効いているので、長袖の羽織るものがないと肌寒いところか。

今回頼んだのはカオマンガイ?とビール。空港に来て本格的なタイ料理を食べている気がする。
IMG_2020

その後はミラクルラウンジにて休憩(時間つぶし)。無料wifiに加えてコンセント付きのソファがあり、ソフトドリンク飲み放題、その他軽食食べ放題で、2時間で630B。俺はそこでPSPのパワフルプロ野球2012をプレイしていた。いい歳こいて恥も隠さず。

食後のデザートは別腹。
IMG_2022

その後はぶらぶらと。
IMG_2021

あまりにも眠くなったので、仮眠を取りにSleep Boxへ向かう。3時間の利用で1500Bとお高めだけど、空港内のイスや雑魚寝よりは格段に体を休められるのは大きいので思い切って利用してみた。
室内はダブルベッドとテレビがあって、シャワーも備え付けられている。だけどもの凄く寒いのが難点だ。寝落ちして飛行機に乗り遅れるか心配であったけど、何とか3時間以内に起きることができた。

その後はキャリーケースが受け取って、搭乗手続きへ。まだ寝ぼけていたせいもあってか職員の言うことが今一つ理解できず、職員をイラッとさせてしまった。

手続きの後は免税店に寄ってお土産を買う。今回買ったのはお香とお菓子。その後は小腹が空いたのでマックに寄る。

予定時刻前に搭乗口に到着したけど、トラブルが起きたらしくてしばらく足止め。30分くらい待ってようやく飛行機に乗ることができた。

飛行機に揺られること約7時間。成田空港に到着。約4日間お世話になったイモトwifiを返却BOXに返した後、成田エクスプレスに乗って東京に戻った。

こんな感じで初めてのタイ旅行は終了した。改めて思ったけど、タイは本当に暑くて、日本が冬であることを忘れるくらいだったし、何よりも精神的に開放されるような空間だった。
タイの人たちを見ていても、売店の片隅でカップラーメンを食べている従業員がいたり、接客業なのにあからさまなしかめっ面をする職員などなど、日本では「あり得ないだろ?」的な働き方をしているのが印象的で面白かった。
次に行く機会があればもっと屋台を攻めてみたいし、交渉とかもできるようになれば面白そうだ。
その為にもしばらくは窮屈な日本でお金を貯める必要があるだろう。

追記 
現在はコロナウィルスの影響で、次回いつ行けるかは全くの不透明な状態である。旅行だけでなくライブもしばらくは休止、延期となるので当ブログもしばらくは更新が途絶えることとなるので、悪しからずご了承を頂きたい。

サイアムの都会的な雰囲気よりも前日に訪れたカオサンストリート周辺にまた行きたいという気持ちに駆られたので、近くのトゥクトゥクを探してワットポーへ向かうことになる。


その時に掲示された額が…



800B


完全にボラれてますやん…


それでも乗りましたよ…


だって疲労困憊だったし。


それにフェス料金だと思えば個人的にはいいんじゃなんですかね?向こうもそれで生活しているわけですし…


まあこんなこと言っても舐められた情けない日本人だということには変わりはないが。


何はともあれワットポー周辺を歩いてカオサンストリートへ。
P1020478

相も変わらず外国人とかいっぱいいてフェスみたいな感じだ。こちらでもサイアムと同じくカウントダウンイベントが行われるみたいで小規模のステージが用意されていたりしていた。
歩き回って喉が渇いたので、近くのBARに立ち寄ることに。相変わらず幼稚園児並みの英会話とボディーランゲージとノリでビールを注文する。いい歳をこいたオヤジが何やってるんだろうという恥ずかしさと、異国の地の解放感と酔いが複雑に混じり合っていた。

BARを出たら再びカオサンストリートを練り歩く。先日も訪れたけど、都会的な街よりもこうしたゴチャゴチャしたお祭り感覚の場所が俺好みだ。
そのなかでも特に気になったのがワニ肉の串焼きの屋台だ。丸焼きにした一匹のワニ肉を切ってその場で串焼きにするものだ。1本300Bとお値段は張っていたけど食べてみたかった。しかし、他に客が沢山いたので泣く泣く断念した。


代わりに食べたのがケバブサンド。これで60Bはかなりリーズナブルで美味い。
IMG_2005

練り歩いているとタイマッサージのお店があったので、折角タイに来たのだから入ってみることに。
今回受けたのは30分コースで、150B(安すぎる)。お金を払ったら番号札を受けって、番号を呼ばれたら受けるシステムだ。
最初は足を石鹸水で洗ってから、足をマッサージする。これだけでも気持ちが良くて、「あヘイ~ん♡」となってしまうくらい。足をマッサージしてもらったら、雑魚寝部屋に連れていかれて全身のマッサージに移る。首、背中、ひじ、足とあらゆる関節をほぐしてくれて、これまた気持ちがいい。
担当の人は俺が日本人だとわかったみたいで、「ニッポンノカタデスカ?」と聞いてきてくれた。おそらくその日に着ていた京都大作戦のTシャツからわかったのだろう。
こんな感じで30分の施術はあっという間に過ぎた。料金は既に支払っていたけれども、チップも忘れるわけにはいかないので、100Bを渡してあげた。本来の相場でいったらもっと低い金額でも良かっただろうが、個人的にはこれぐらい払っても割に合っていると思う。

今回行ったマッサージ店。タイ式マッサージは個人的にも安くてオススメ。
P1020479


カオサンストリートでカウントダウンしてみたい気持ちもあったけれども、ホテルまで無事に帰れる保証がなかった(厳密には混雑していて帰りのタクシーを拾えない可能性があった)ので、そのまま地下鉄に乗ってホテルに戻った。

夜の王宮周辺。ライトアップが映える。
P1020482

P1020481


コンビニで買ったビールと近くの屋台で買った串焼きで一人寂しく晩酌。
IMG_2008

ホテルでウトウトしていたら、外で花火を打ち上げていた。バンコク市内でもカウントダウン花火をやっていて、バルコニーから少しだけ見えた。

いつもは幕張のCOUNTDOWNJAPANのライブ会場で年越しを迎えていたけれども、今回は熱帯の国タイのホテルで迎えるというちょっとシュールな幕開け。本当にどんな一年になるんだろうな。

タイ旅行記6に続く。




12/31 この日は午前中から地下鉄でスクンビット駅まで移動する。スクンビット周辺は日本人が多く住んでいるだけあってか、日本語表記のレストランやマッサージ店が目立った。
街を歩いているのは楽しかったけど、前日の夜中から朝にかけてYOUTUBEの動画を見まくったおかげで手持ちのWIFIが通信制限になってしまって、SNSもGOOGLE検索もできなくて難儀していた。

ネットを諦めた俺はそのまま歩いてプロームポンに向かう。プロームポンは大型ショッピングセンターが建ち並ぶ都会的な場所だ。とにかく暑かったので、取りあえず近くの大型ショッピングセンターに入って休憩及び昼食を取ることに。

お昼からカクテル。モヒートだったと思う。
IMG_2001

タイ風オムレツ。薄焼きでも美味い。
IMG_2002

名称はわからないがタイ風焼きそばだろうか?甘辛くて美味しい。
IMG_2003

昼食が終わったら同施設のトイレに。タイでは大型ショッピングセンターでもトイレットペーパーは流せないので側のゴミ箱に入れなければならない。それにしても日本よりも公衆トイレが見つかりにくいので、大型ショッピングセンターのトイレは個人的にオススメだ。

その後はサイアムへ向かうことに。BTS(スカイトレイン)プロムポーン駅からサイアム駅までは片道22Bくらいだったと思うけど、切符を買う際にこれまた難儀した。切符売り場のお姉さんに「サイアム」と告げた後に返された言葉が理解できずに立往生してしまったのだ。仕舞の果てにはお姉さんが「あぁ゛!?(# ゚Д゚)」としかめっ面をされる始末。日本のサービス業だとちょっとあり得ないけれども、個人的にはまあいいかなと思う。結局ジェスチャーとノリで乗り切って切符を買うことになった(いい加減現地語を勉強するべき)。

サイアムは高層ビルが建ち並んでいて、プロムポーンよりも大都会という感じだ。日本でいうと渋谷みたいなものだろうか。そこでサイアムセンターというサイアムでも有名なショッピングセンターに入ったけど、化粧品売り場とか女性向けのお高いお店が沢山あった。その他にも外の敷地に噴水があったり、年末ということもあってカウントダウンライブの会場が設置されていたりしていた。

今回はお買い物が目当ての旅ではないので、しばらく施設内を歩き回った後は外のセブンイレブンでコーラと水を買って、近くの階段に座ってひたすらボーっとしていた。タイまで来て何をやっているんだ?と思われるだろうけども、普段日本で寒い年末を過ごしているのでタイという温かいところでまったりと過ごすのがとても新鮮だった。通信制限でネットが使えない中、サイアムの喧噪や走り去る車やトゥクトゥクを眺めていると、「ああ、海外にいるんだな」と変にほっこりとする。
まあ連れがいたりするとこんなことはなかなかできないので、基本俺は一人旅しかできないタチなのだろう。

タイ旅行記5に続く

↑このページのトップヘ