放浪風のライブ、旅、酒

ライブ鑑賞、旅、お酒好きな中年の物語

王宮付近からしばらく歩いてカオサンストリートへ向かう。意外と距離があったのでタクシーかトゥクトゥクに乗ることも考えたけど、微妙な距離だったので結局あるくことに。

歩いている途中は屋台もそうだけど、バス乗り場みたいなところで休んでいる人、瓶のキャップでオセロみたいなことをやっている人、よくわからないものを売っている人などがいるのが面白かった。

世界中からバックパッカーが集まるカオサンストリート。
P1020463

カオサンストリートのマクドナルド。有名な撮影スポットらしい。
P1020464

食べるものに拘りがない俺はマクドナルドでダブルチーズバーガーセットを頼む。量は日本と同じくらいで、値段も同じくらいだった。店内はそこまで混んでなくて、俺の他にも若い日本人の女の子のグループがいた。

マックを出たらカオサンストリート周辺を歩き回り、またファランボーン駅近くまで歩いて戻ることに。しばらく歩いてると履いている靴に違和感が。よくよく見てみると…


靴底が剥がれかけていた…

そんなに履いていない靴にも関わらず、しかもバンコクでダメになるとは全くの想定外だった。まあ保管方法が悪かったのでゴムが劣化していたのだろう。
このまま歩いているのも何なので、近くのセブンイレブンに入って接着剤を探すことに。幸い接着剤が売っていたのでそれを買って剥がれた個所に塗ることに。最初は何とか応急処置になるかと思ったけど、ものの数分も経たない内に再び剥がれてしまった。そのまま歩いた結果…


見事に断裂。
IMG_1990

もうここまできたら笑い話だ。そのままファランボーン駅まで歩いていると、偶然にも中古の靴を売っている露店があったので仕方なくスニーカーを買うことに。
言葉は全く通じてなかったけど、サイズが合いそうなスニーカーがあったので500バーツで買って履いてみることに。そうしたら全然足に入らない…ここまできて万事休すかと思ったが、靴紐を全部外して締め直すと何とか履けた。そこで俺の断裂した靴を見た店主は笑ってオーケー!と言って、ミネラルウォーターまでくれた。何とも不思議で温かい展開だろうか。

ファランボーン駅に辿り着いたら、アジアティーク・ザ・リバーフロントまで向かう為にトゥクトゥクを探す。駅周辺には客待ちをしていたドライバーが数人いたので、その中の一人にエクスキューズミーと話しかけて、ガイドブックのマップと単語だけで行き先を告げた。最初は上手く伝わっていなかったけど、スマホで検索して何とか話が通じたので乗車することに。

人生初のトゥクトゥク。怖いけど風が気持ちいい。
IMG_1991


18:00前くらいにアジアティーク・ザ・リバーフロントに到着。実はこの日の午前中にネットでディナークルーズの予約をしていたのだ。日本でいうアウトレットモールみたいな感じだろうか。とにかく色々な店が立ち並んだ若者向けの場所だ。

夜に訪れると綺麗だ。
P1020471


予約サイトに書いてあった乗船場所で並んでいざ乗ろうとしたら、乗組員にダメだ!とジェスチャーされる。俺は「はぁ!?」と納得できなかったが、よくよく調べてみたら別の場所で乗船手続きをしなければならなかったのだ。全く、一人旅だから良かったものの、これでツレがいたら確実に喧嘩になってしまう。アラフォーになのに情けない。

しばらく落ち込んでいたけれども空腹には勝てないので、敷地内にあった日本食の店に入る。異国の地で精神的に辛くなったときは何だかんだいって祖国の食べ物が恋しくなったのだと今は思う。
そこでは生ビールとサラダと焼き鳥を注文する。味はまずまず。

焼き鳥は裏切らない。
IMG_1994

アジアティーク・ザ・リバーサイド周辺にはトゥクトゥクやタクシーが停まっていなかった為、歩いて探すことに。その時に履いていた靴(先刻買ったスニーカー)がキツキツだったので靴擦れになっていて辛かった。しばらく歩いてようやくトゥクトゥクが見つかったので、それでファランボーン駅へ。
ファランボーン駅からは地下鉄でスティサーン駅に行ってホテルに帰還した。

タイ旅行記4に続く



12/30 この日の朝はホテルでダラダラした後、地下鉄でファランボーン駅へ。


ホテル近くの陸橋にて。タイの電線はこんな感じでちょっと怖い。
IMG_1978

地下鉄の乗り方は自動券売機のタッチパネル(タイ語と英語表記)で目的地を選択して、お金を投入するとトークンと呼ばれるコインが出てくる。それを自動改札口にかざして入場し、降りる駅の自動改札口に投入するシステムだ。タッチパネルの感度が悪くて目的地を選択するのに悪戦苦闘した。

国鉄ファランボーン駅。国王の肖像画がドーンと飾られており、迫力がある。
IMG_1979


朝食がまだだったので駅近辺を練り歩き、近くの屋台でチキンの串焼きを買って食べた。1本40バーツでご飯がついていたけどかなり美味かった。というよりも40バーツは安すぎる。

その後は王宮付近まで歩いて移動。途中チャイナタウンを通り過ぎたけど、歩いているだけでも楽しい。足は悲鳴を上げたけど。

ワットスタットにて。四方を仏像に囲まれていた寺院。
IMG_1980

ワットスタットはワットポーに比べたらマイナーなお寺で、タイ人は無料で、外国人は1人100バーツ。ワットスタット内では多くの僧侶が台帳らしきものに書き物をしていた。一番驚いたのは刺青を入れた僧侶がいたことだ。他にも腕に刺青を入れた軍人さんも歩いていたし、日本にはない緩さがあるのが面白かった。日本のお寺も好きだが、こういう南国の寺院の雰囲気も緩さがあっていいと思った。

敬虔な仏教徒ではないが、お参りした。
IMG_1985

IMG_1987

IMG_1986

ワットスタットの猫。
P1020450


P1020451





お次はワットポーへ。こちらはメインの観光地の一つで、観光客もかなり多い。そして何よりも敷地がとんでもなく広いのだ。入場料は1人400バーツ。
一年を通して暑い気候のせいか、敷地内のところどころに給水エリアがある。お味は今一つだ。

P1020454


P1020458

P1020456

P1020455

P1020459

P1020460



IMG_1989

2019年末タイ旅行記3に続く



こちらでは遅ればせながら明けましておめでとうございます。今年も時間とお金が許せばまたふらりと旅に出たいと思います。

時間は経ってしまったけれども、年末年始をタイ、バンコクで過ごしていたのでその報告を。

12/29 朝一で皇居ランしてきた後、品川のホテルをチェックアウトし、成田エクスプレスで成田空港まで移動。到着後はネットで予約しておいたイモトのwifiを受け取る。その後はノックスクートのチェックゲートでキャリーケースを預けて搭乗口へ。

ハワイ以来の海外へ。
IMG_1969


向こうで拘束される前に祝杯! 笑
IMG_1968

13:55に離陸して飛行機に揺られること約7時間。途中何度もトイレに行ったり(歳のせいかトイレが近い!)、持参したipodの電池が切れかけたりしながらも、現地時間の19:00過ぎ(タイは日本よりも2時間遅い)にドンムアン空港に到着。

タイの民族音楽が流れる通路を通って、まずは両替をすることに。46000円を換金して11000バーツだった。そして入国審査の為に入国カードを探そうとするも、、、

入国カードがない!!

近辺を探しても全く見つからず30分以上は立ち往生していた。スマホで入国カードの在処を検索したけれども入国審査のゲートの近くにあるという情報だけしかヒットしないし、職員に聞こうかと思ったけども日本語は確実に通じないし、聞けるような雰囲気でなかった(現地の職員は通路のソファでご飯を食べていた)。

そんな中後ろの通路の机の上に数枚あるのを見つけて、小学生でも書かないくらいの汚い字で空欄を埋めて入国審査に向かう。入国審査の際は丸刈りのタイ人職員の言うことがわからず「ホワット?」を連発してしまったけど、向こうも日本語が少しわかるようだったので何とか通過。

タイ入国記念に乾杯!
IMG_1971


ホテルに向かうためにタクシーを探したけどもなかなか踏ん切りがつかなかったので、ここでも右往左往。しかしいつまでもホテルに行かないわけにはいかないので、空港出口近くのタクシー案内所に行って、ホテル名と持ってきたガイドブックの地図で説明する。それでも行き先が上手く伝わらなかったようなのであちらはスマホ検索で調べて、何とか乗ることができた。

宿泊先のSPBパラダイスまでは車で約20分。料金は900バーツだった。ホテルに到着したら重いキャリーケースを運転手の人に持ってもらったのでチップで50バーツを渡すと喜んでもらえた(これが人生初のチップだった)。

ホテル代は既にクレジットで支払っていた(往復航空券+宿泊費込みのツアーだった)けど、デポジットとして500バーツを支払って客室のカギを渡された。カギと一緒に付いているチップをかざして客室側に入るシステムだ(客室のカギを持っていない人間は客室側に入れないのでセキュリティはしっかりしている)。

日本のビジネスホテルと違ってオートロック式でなくてカギでいちいち開閉しなければならないのが少し面倒くさい(しかも外出の際に施錠する時は中のドアノブのボタンを先に押してからドアを閉めなければならない)。アメニティもタオル、シャンプー、ボディソープは用意されていたけれども歯ブラシやカミソリがなかった。持参するか近くのコンビニで調達しなければならない。それでも客室は予想以上に広くて冷房も効いていて小さな冷蔵庫もあったので個人的には快適だった。

お値段(1泊2500円くらい?)の割には快適な室内
IMG_1972


この日の夕食はこんな感じ。正にPIZZA OF DEATH。

IMG_1973

2019年末タイ旅行記2に続く

↑このページのトップヘ